日本の森林

日本の森林の現状

私たちの住んでいる国、日本は世界有数の森林国と言われています。林野庁によると、日本は国土の3分の2(約2500万ha)を森林が占めており、さらに、このうちの約4割が人間の手によって育てられた人工林です。戦後の日本では、戦後復興も兼ねて、不足していた家を建設するために必要な木材を供給するため、国が造林を呼びかけ、天然広葉樹を伐採した跡地に、加工のしやすいスギ、ヒノキなどの針葉樹を多く植林しました。この政策を、『拡大造林』と呼びます。木というのは50〜60年ほどで「成木」となります。拡大造林によって植林された木々は現在、成木となり、木材として使用するのには適齢期になっていると言えるでしょう。しかし、日本の森林面積は過去40年間目立った増減がありません。つまり、今現在、日本には木材資源が豊富にあるのに、それらを無駄にしていると言うことです。

なぜ日本はこんなにも木材資源に富んでいるのにも関わらず、それらを使わないのでしょうか。

海外からの輸入
日本が自国の木材を使わない第一の理由は、国産木材と外国産木材の価格差にあります。日本は森林が豊富であると同時に、国土の4分の3を山地が占めています。さらに、日本の山は海外と比べて傾斜が急であり、木を切り出す際にも多額の費用がかかってしまいます。それに比べ、外国では木の切り出しが比較的楽に低コストで済みます。また、日本へ輸出する際にも船で大量に輸出が可能であるため、全体的に見ても日本の国産木材に比べ、圧倒的に費用が抑えられます。現に日本の木材自給率は2〜3割程度であり、近年多少上昇傾向にあるものの、他の森林を豊富に保有している国と比べて見ても極端に低いことがわかります。
このように、現在の日本は木材資源があるのにも関わらず、自国の木材をあまり使わずに、アメリカ、カナダ、東南アジアなどの国からの輸入に頼っているのです。